RSSリーダーで購読する

2007年08月03日

まだ生きてますよ

  
酒飲み肝硬変


酒の飲みすぎで陥ってしまった肝硬変



こういうブログを書いていると、きっとアル中についての関係者や病院関係者から勝手なことを書くなと注意されると思っていました。



アルコール中毒の方はこのブログの該当ではありません。
なお、アル中は差別用語です。アルコール依存症という正しい呼び方をしましょう。(はい)

アルコール依存症は病気ですから自分の意思で禁酒は出来ません。入院して治療が必要です。
自分で判断が出来ませんので家族の方が手続きをなさってください。

(これは本当ですよ。なんとしてでも、、、隠れては可愛いほうで、死んでも、失踪してでも飲もうとするのが病気の証拠です。)




入院が必要な方以外で、酒で肝臓を傷めた方へ

酒なんか止めたら肝臓が悪くならないんですよ。

でも、そんなに世の中や人間が簡単な仕組みで出来ているなら、こんなブログなど書きません。


時々、「あのバカ、生きているかな」とのぞいて見てください。




治って見せるぞ肝硬変

笑顔で暮らそう肝硬変



人気blogランキングへ
肝臓の栄養はアミノ酸・二日酔いを早く治すには睡眠と甘いスポーツドリンクです。
詳しくは→酒飲みの肝臓

でもねえ、365日二日酔いを続けていると数十年後は間違いなく肝硬変ですよ
でも、大丈夫、酒さえ止めればすぐに死ぬことはありません。
肝硬変になっちゃったら、禁酒と正しい食事と笑顔で生活ですね。
詳しくは→肝臓に元気を


  
酒で肝硬変になった私が書いたんだから説得力あるでしょ

「お医者さんは言えない!封印情報!病気を遠ざける生き方!寿命を決める死に方!」
ラベル:肝硬変
posted by あのと at 16:18| 岩手 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 肝硬変 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど!!
いろいろわかりました。アルコール性の肝硬変…やっぱり「お酒を断つ」のが原則。でも、飲み過ぎて今に至ってる人がやめるのは難しい話し、と言うのもわかりました。
そうなんですよね〜。アルコール依存症なわけですから、昼夜問わず暇さえあれば飲んでる。
私もビールや焼酎ワイン等飲むんで、お酒はみんなで楽しく飲むのは賛成です。が、しかし、いつ何時でも水代わりにチューハイを飲む知り合いは、まったく理解ができません。それどころか、これから仕事なのに酒臭いのは常識も何もです。
私が家族なら、間違いなく強制入院させたい次第です。ハイ
Posted by PON at 2007年08月05日 05:09
PONさんへ
どんな仕事でも信用が一番です。いつも酒臭いのであればいくら優秀な人でも信用がた落ちですよね
これからも仕事を続けて行きたいのならば、2・3日禁酒を提案してみたらいかがでしょうか。
それも出来ない状態であれば入院でしょ。しょうがないですよね


Posted by あのと at 2007年08月05日 15:38
TBありがとうございました。
父は下戸なのに、何の因果か肝臓病になってしまい、大元の病気(くも膜下出血)は医者も驚くハイスピードで治ったんですけどね・・・

そんな父も亡くなって7年経ちました。

肝硬変とか食道静脈瘤とか聞くと何故か懐かしいなと思えるようになりました。

医療も日進月歩と言いますから、7年前の父が
受けていた医療と大きく変わっている事でしょう。太字で書かれている気持ちが揺るがないよう心から願ってます。

またお邪魔しますね。
Posted by あつべぇ at 2007年08月06日 20:28
あつべぇさんへ
コメントありがとうございます。
なんとか踏ん張って生き延びてやりたいと思っております

Posted by あのと at 2007年08月06日 22:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
 RSSリーダーで購読する





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。