RSSリーダーで購読する

2007年12月13日

X'masプレゼント

  
酒飲み肝硬変

酒の飲みすぎで陥ってしまった肝硬変



12月に入って何度か雪が降りました。

食道静脈瘤の内視鏡検査の日も運が悪く雪降りで、どんよりとした日にどんよりと暗い気持ちで病院に出かけました。



検査がいつもより長くて苦しかった〜;;

でも、結果は大丈夫ということでした。
小さい静脈瘤が見えるけれど半年前の検査結果とほとんど変わっていないようです。



ただですね、食道のほうではなく反対側の十二指腸のほうにふくらみが見えるので再度検査したほうがいいというのです。



十二指腸のほうに静脈瘤が出来ることもあるのだそうです。

同じ内視鏡検査なのですが今度は時間がかかるので、静脈麻酔で眠った状態での検査だそうです。



日程は12月25日
今年のクリスマスプレゼントは内視鏡と静脈麻酔です。




娘にはクリスマスケーキをプレゼントしてあげましょう。
女房には良い診断結果の報告になればいいな


万が一、静脈瘤だとしても破裂しなければ、死に直結しません。




「どん尻負けでは終わらない」
今は後ろでじっとしている時期なのです

今は雪降りの冬・・・




現代医学の常識を破ってアルコール性の肝硬変を治すには・・・

完全禁酒の脅迫観念で沈み込んだ顔より、家族と過ごす日々の笑顔が、何より大切です。


治って見せるぞ肝硬変

笑顔で暮らそう肝硬変



人気blogランキングへ
肝臓の栄養はアミノ酸・二日酔いを早く治すには睡眠と甘いスポーツドリンクです。
詳しくは→酒飲みの肝臓

でもねえ、365日二日酔いを続けていると数十年後は間違いなく肝硬変ですよ
でも、大丈夫、酒さえ止めればすぐに死ぬことはありません。
肝硬変になっちゃったら、禁酒と正しい食事と笑顔で生活ですね。
詳しくは→肝臓に元気を


  
酒で肝硬変になった私が書いたんだから説得力あるでしょ
ラベル:肝硬変
posted by あのと at 10:00| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝硬変 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
 RSSリーダーで購読する





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。