RSSリーダーで購読する

2007年12月26日

肝硬変患者のほっと一息

  
酒飲み肝硬変

酒の飲みすぎで陥ってしまった肝硬変



X'mas 12月25日

病院に行ってきました。
麻酔しながらの検査だというのでユウウツだったんです。



結果は「なんともありません。」

・・・・・

何日も前から、十二指腸に出来た静脈瘤だろうか、悪い腫瘍だろうか、そう悩んでいた毎日は何だったのでしょう

でも、喜ばなくてはいけませんね。肝硬変の悪化ではなかったんですから




酒を飲みすぎて肝硬変になって、このブログもたまにしか更新することもないのですが、何人かのかたが見に来てくれます。
ありがとうございます。



まだ、生きてますよ
時々隠れて酒を飲むとっても悪い見本の肝硬変患者ですが、家族の笑顔に支えられて頑張っています。









「どん尻負けでは終わらない」
今は後ろでじっとしている時期なのです

今は雪降りの冬・・・




現代医学の常識を破ってアルコール性の肝硬変を治すには・・・

完全禁酒の脅迫観念で沈み込んだ顔より、家族と過ごす日々の笑顔が、何より大切です。


治って見せるぞ肝硬変

笑顔で暮らそう肝硬変



人気blogランキングへ
肝臓の栄養はアミノ酸・二日酔いを早く治すには睡眠と甘いスポーツドリンクです。
詳しくは→酒飲みの肝臓

でもねえ、365日二日酔いを続けていると数十年後は間違いなく肝硬変ですよ
でも、大丈夫、酒さえ止めればすぐに死ぬことはありません。
肝硬変になっちゃったら、禁酒と正しい食事と笑顔で生活ですね。
詳しくは→肝臓に元気を


  
酒で肝硬変になった私が書いたんだから説得力あるでしょ

タグ:肝硬変
posted by あのと at 22:22| 岩手 | Comment(22) | TrackBack(1) | 肝硬変 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日々、ご苦労様です
私は九月胃静脈瘤破裂で8日間入院しました
禁酒中です。たまには0.5ミリのビール風味を
飲んでます
十一月に早期食道がんで内視鏡で手術で8日間入院
しました
しかし、いたって元気です。
Posted by 玄海 at 2007年12月27日 12:18
玄海さん
コメントありがとうございます

静脈瘤はしょうがないとしても、早期食道がんは大変でしたね
でも、どんな病気でも押さえ込んでしまえばこっちのものです。

お大事になさってください
Posted by あのと at 2007年12月28日 08:32
あのとさん、こんばんは。

検査、何も見つからなかったとのこと、よかったです。
25日に検査だと書いていらっしゃったので、気になって何回もブログが更新されていないか確認してました(笑)

私も最近、いちいち沈んでしまうより、一日一日を楽しく大切に過ごすこと大切なのだと思っています。
それでも、沈んでしまったり、いまだに肝硬変という病気だということを否定している自分もいます。
一昔前は、静脈瘤破裂だけでも死に至っていたものが、医学が発達し、必ずしもそうでなくなりました。今後も何らかの治療法が見つかるものと希望を持ちたいです。

今年も残すところわずかとなりました。
今年も何だかんだ言いつつ生きてこれたことに感謝し、来年もあまり肩に力を入れず、頑張りたいと思います。

このブログと出会えたことにも感謝です。

あのとさん、お正月もあんまり飲みすぎないようお気をつけ下さいね!!

笑顔でお正月を迎えられることを遠くよりお祈りしております。



Posted by なな at 2007年12月28日 23:16
あのとさん こんにちは(*^-^*)

今年もあとわずかとなりましたね。
検査の結果が 何もない とのこと。
少し安心されたことと思います。
肝硬変が進行していなかったことが 何よりです。 
この1年、この肝硬変という病気と歩いてきたあのとさんにとって どのような年だったのでしょうか?

私の方は 今夏に主人が肝硬変と診断されて、心身共に激震がきたかのような年となりました。
“この世の中には 当たり前のことなど一つもないんです”と、今年初頭 娘を輪禍で亡くされた風見しんごさんが涙ながらに言っておられました。
その言葉を 今 身にかみしめています。
平凡であることがいかに難しいか、を。
でも人間は 何かが起こらないとそれには気付かないのですね。
私も主人の肝硬変という病気を通して、それに気付きました。
ななさんもそういうお一人ではないでしょうか?

ななさんへのコメントを このブログを通じてさせて頂き、本当にありがとうございます。
あのとさんとは また立場が違いますが、
ななさんは 肝硬変を患う主人を持った妻として
同じ立場にあります。
主人の心が見えないときは、あのとさんの言葉でその糸口を見つけ、
主人を支える妻としての心の葛藤をななさんと励まし合って参りました。
世の中にはこういうつながりがまだまだ少なく感じます。
でも、自分がその立場に立って、初めて人の苦悩が見え、それを感じたわけですから、
経験していない人には 分かり得ぬことなのかも知れません。
パソコンの掲示板といえば、人を中傷したり批判するものが多いようですが、
使い方でこんなにも人と人の心を結ぶものになっていくのだとも感じました。
要はどう使っていくかという 使う人側の問題だと思います。


ななさん、
ご主人とアルコール依存の専門病院に行かれたのですね。
お疲れさまでした。
けど独特の雰囲気があったでしょう? そう感じるのも無理からぬことと思います。
私も依存症の専門クリニックへ行ったときは その
雰囲気にしばし茫然としました・・。
医師が何気なく言われた、『あと4、5年早く来てくれたらね』の言葉。
みんなそうしてたら、そういう病院は必要ないのかも知れませんね。
医者とて普通の人間。 時には患者の心が分かっていないような言葉を発することもあるのでしょうね。
こちらは弱い立場の患者だから、普通の人には聞き流せても、心に突き刺さってくることの方が多いのも事実だと思います。
でも負けちゃいけないと感じています。
私の主人も 教育入院のように この病気としっかり向き合っていけるような方向にしていきたいのですが、実際自覚症状がないですし、医師によっては入院が必要か否かの判断が違うので・・。
セカンドオピニオンも視野に入れています。

ななさん、
ともすれば 様々な思いにご自身の心が押しつぶされてしまうような時もあろうかと思うのに、一日一日を楽しく大切に…という前向きな姿勢で 自らを鼓舞しておられる姿に
同じ立場の者として頭が下がります。
こんな言葉を見つけました。
『悲観主義は気分に属し、楽観主義は意志に属する』と。
まさに、ななさんが前向きに進まれているのは、ななさんご自身の強い意志によるものだと思います!
辛い、悲しい心の暗雲を打ち払って、それでも前を向いていく強さを この病気を通じて身につけていっているのかも知れません。
何事もなく来ている人とは違って、それだけ深い人生を歩んでいるのだと感じます。
だって、同じような境遇にいる苦しむ人の気持ちや思いがわかるのだから。
だからこそ胸を張って行きましょ!!
私は そんなななさんの姿を想うだけで励まされているんです!
きっとご主人も そんなななさんを見て 自らを奮い立たせていかれることでしょう。

でもななさん、
毎日毎日 前向きに頑張り続けるというのもしんどいことです。
時々は 心にたまった弱音を吐き出して下さいね。
無理と、自分を追い込むような我慢はしてはいけないと思います。
日によって 心がどうしようもなく揺らぐことだってあります。
泣きたい日もあります。
そんな時、私はノートに自分の今の思いを綴ることにしています。
どうして苦しいのか、何故悲しいのか。
書いていくうちに 心が落ち着きを取り戻していくのです。
人に話せないとき、よくこうしています。
ななさんもご自分なりのそういう方法を見つけて下さいね。

世の中では迎春の準備に奔走している姿ばかりが目に入ってきますが、
何故か今年は お正月というものがただの通過点にしか感じられません。
新年を迎える気持ちが まだ自分の中でそういう決着としてできていないと感じます。
まず主人の肝硬変のことがあるからですが、
“来年も頑張るぞー”くらいの気持ちで迎えるのがいいかな、なんて思っています。
世界中で お正月をどんな思いで迎える人がいるのだろうということに思いを馳せたとき、
少なくとも 人生との闘争で明けていく人の中に自分も入っているんだと
胸を張りたいと思います。
これまでは、のんべんだらりんとしたお正月を迎えていただけだったのに、
今回はとても感慨深い迎春となりそうです。
そう思えば 無駄なことなどないんだなぁと感じました。

ななさんも私も 今は辛い思いをしているかも知れないけれど、
決してそれは無駄なことではないし、無駄にしてはいけないですよね。
その先にあるものを見るまでは、負けてられないですもの。
またここに来させてもらって、書かせてもらいます。
ななさん、本当にお疲れさまです!
ご主人の肝硬変がこれ以上進まないことを 共に祈っております!
あのとさん、来年もまた頑張っていきましょね、お互い!

本当にありがとうございました!
Posted by サワイ at 2007年12月29日 14:50
ななさん
心配してくださったようでありがとうございます。

何事もなく無事今年1年が過ぎ去ろうとしているし、食道静脈瘤の悪化もなくまずは一安心です。
肝硬変になってもこうやってしぶとく生きていることで誰かのお役に立てるなら、いい年だったということにしましょう。
来年もまたお話を聞かせてください。


Posted by あのと at 2007年12月31日 04:26
サワイさん
いつもコメントありがとうございます。

不安だった検査は何事もなく、食道静脈瘤の悪化も見られずまずはいい1年でした。
時々酒に手は出るもののこうやってブログを書く元気はあります。気持ちが落ち込むことはあってもなんとか前向きに日々を送ることが出来ることに感謝しています。
同じような状況に陥った人や家族の人の役に立っていると思えば私の存在価値もあります。
お互いに来年も笑顔で過ごせるように頑張りましょう。

Posted by あのと at 2007年12月31日 04:37
あけましておめでとうございます。
はじめまして。

みなさんの一言一言に、はかりしれない愛を感じました。

私はアルコール依存症の親を持つ機能不全家族で育った、いわゆるアダルトチルドレンです。私たち家族は病気に向き合うことができませんでした。

私自身、父親がアルコール依存症だということやそれに伴う母や私たち兄弟の共依存の症状に気付けたのは、親元を離れて数年経ったつい最近のことです。

父を発端に起こった出来事に関しては、もう過去の事実として受け入れるしかないんだなと思っています。私は、その過去によって形成された私自身の問題と向き合うことを考えていきます。

まずは、事実を受け入れること。
ここがとても重要でとても難しい。私はやっとここのスタート地点に立てたところです。戦いは長期戦になります。

でも、頑張っているみなさんを励みに私も頑張ります。
Posted by acco at 2008年01月05日 11:33
あのとさん、あけましておめでとうございます!!その後お変わりありませんか?
昨年は、いろいろとお話を聞いてくださり、ありがとうございました。
今年も、またよろしくお願いします。

今年はいつもとは違ったお正月になりました。
一切お酒もなく、私もお酒が好きなだけに、また飲ませてあげたい衝動にかられながら年を迎えました。
本人が飲めば止めるまいと思っていましたが、飲みたいとは言いませんでした。私よりよっぽど頼もしく思えました。
しかし、私は今年は自分のことをもっと充実させようと思います。こうやって自分の世界がないと、いつも肝硬変のことばかり考えて沈んでしまいます。それが逆に主人の負担になりはしないかと思い始めました。
また、考えること、結論はいつもいつも同じものなのです。あのときだったらまだ肝炎くらいで済んだかもしれない、いや、まだ実は肝硬変まではいっていないかもしれない・・・。でもでも・・・。そして最後はくよくよといろいろ考えても意味はないのだという結論に至ります。

サワイさん、
ご主人はいかがですか?
私の主人も普通に仕事をしており、飲んでも楽しいお酒で迷惑をかけるわけでなく、常習飲酒者でも肝硬変になる人は多くないみたいですから、正直まだ肝硬変であるという事実を受け止めきれていません。
よっぽど問題飲酒者であったならば、早くに無理にでも入院でもして肝臓自体は大丈夫だったのでは?とか思ってしまいます。
ただ、私は運を信じたいです。
サワイさんも私と同様、今年は正念場の一年になるかと思います。でも、人生って、思いがけないときに転機が訪れます。あのとさんがおっしゃるように、今は後ろでじっとしている時期なのだと思います。

accoさん、はじめまして。
とても辛い思いをされてきたのですね。細かい内容は記載されていませんが、きっとお酒にからんで様々な出来事があったのだろうと想像できます。
きっと、怒ったり、泣いたり、悔しかったり、諦めたり、でも見捨てることはできなかったり。
そして、今新しくスタートされているんですね。
今、お父様はいかがですか?
私が最近思うことは、いかに周りが泣いたりわめいたりなんと言おうが、最終的には本人次第だとおもいます。きっかけはつくれますが、あとは信じるしかないような気もします。でも、ご家族の立場で言うと、そのきっかけを一日でも早く作るためにあれやこれや手を焼いてしまいます。私もお気持ちがよくわかります。
どうか、ご自分の幸せも大事になさって下さい。
実はそれが、お父様の幸せでもあると思います。
私は妻の立場として書き込みさせて頂いていますが、娘の立場であのとさんに尋ねたら、もしかしてヒントがあるかもしれません。
私は、友達や両親にも、まさか相談できなかったので、ここで書き込みさせて頂いているだけでも気持ちを整理できます。

また、来年あけましておめでとうございますと笑って言えるように、今年も肩に力を入れずに頑張ります。
今年もよろしくお願いします!!
Posted by なな at 2008年01月07日 10:36
accoさん

コメントありがとうございます。

私のような親を持つと子供に悪影響を及ぼすことに気付くまで私も大分経ってからです。
子どものことを言われると辛い
もっと辛いのは子供のほうなんですけどね

たまにしか更新しないのですが、時々コメントお聞かせください。

Posted by あのと at 2008年01月10日 22:56
ななさん

あけましておめでとうございます。

酒無しのお正月は寂しいような気もしますが、正気であれば時間が沢山できていろいろなことが出来ます。
酔っ払ってだらだらと寝正月を過ごす人よりは得をしているかも知れませんよ

我が家もお酒や肝臓の話ではなく、いろいろなことを女房とぼそぼそと話すことが出来てよかったと思ってます。
テレビのつまらないお正月番組でも二人であははと話が出来ましたよ

Posted by あのと at 2008年01月10日 23:03
はじめまして 
皆様が、がんばって生活しているのをちょっとうらやましい思いで読ませて頂きました。そして、心から応援したい気持ちです。肝硬変が治る日は、そう遠くない未来に訪れると思います。新聞の記事で、読みました。
その記事を読んで、それまでがんばろうと話していた私の夫は、昨年の夏に亡くなりました。病院とのコミュニケーションがうまくいかず、歩くこともままならない状態でしたが、精神科にも内科にも入院させてもらえないまま、家で倒れて、救急車で運ばれた病院で翌日亡くなりました。
お酒を飲んでも、彼はいい人で、私は大好きでした。なんでかわからないけれど、ずっと生きてる気がしてました。彼もそのつもりだったと思います。最後まで、起き上ろうとしてました。
今、私は、ぽっかりとしてて、気がつくと泣いてる状態です。泣きながら、でもちゃんと生きてます。
病院関係者でさえ、この病気に関しては真摯に相談にのってくれないことを、痛感しました。でも
病気なんです。うまくいかない時は、何度でも何度でも病院へ行ってくださいね。そして、ずっとずっと生きて、ずっとずっと笑顔の日々でありますよう祈っています。


Posted by みお at 2010年01月11日 11:03
みおさん

コメントありがとうございます
確かにアルコール性の肝硬変は自分が招きいれた病ですから、病院関係者はウイルス性の肝硬変に重点を置くのでしょう
残念な傾向です

でも、私は嫌われても何度でも話を聞きに行きますよ
幸い精神科の治療が不要だったので内科の医師は普通の患者と同様に説明して、最初に処方された高額な薬剤も徐々に減らしていくことが出来ました

私は妻と娘のためにだけでも生き延びて生きたいと強く感じています

アルコール性肝硬変で苦しんでいる人たちに私のブログが役立てばと願っています

だんなさんは残念でしたが、優しいだんなさんは空の上からきっと奥様を見守っていると思います
暗い気持ちになったときこそ無理にでも笑顔になって空の上のだんなさんを悲しませないようにしてください
Posted by あのと at 2010年01月11日 17:50
あのとさん

お返事ありがとうございます。もっと早くこのブログに巡り合いたかったです。彼といっしょにいろいろお話したかったと・・。

彼が存命中は、ハードに忙しい仕事と彼の世話で私はくたくたで、病気に対する知識を得る暇もなく、十分なことをしてあげられなかったのです。
 
彼はもうもどってこないけど、私はこれから、もっと知識を深めて、同じつらさの中にいる人のためになにかできることをしようと思ってます。

こんなことを言うと、いい人っぽいですよね。ほんとは、納得できてないんです。病院の対応も、本に書いてある一般論も。なんかしっくりこなくて。それは、私が知らないだけのことかもしれないんですけれど。

あのとさん、きっと肝臓が再生する日がきます。奥さんと娘さん、そして自分のために、疲れない程度にがんばってください。

私は、どこかで、疲れ切った人のためにできることを探してみます。
Posted by みお at 2010年01月11日 22:23
みおさん

早速のご返事ありがとうございます

アルコール性の肝硬変を患った人の多くは、精神科の受診が必要なアルコール中毒の人が多いので、注意が必要です
私も初めは内科の治療方針が決まったら精神科を紹介されるところだったのですが、幸いにも精神科の必要はなかったようです
でも、多くは自分の制御が利かなくなっている可能性が高いのです

治療方針が決まったあとに紹介された近所の開業医が、初めての診察のあとにきちんと会話も成り立っているし治療についての説明を理解していると言ってくれました
つまり、大多数の患者さんは会話が成り立たず理解があやふやということなんでしょう

ですから、患者さんに対してではなく、その家族の方のお話し相手になってあげてください
きっと、他人に話すことも出来ず悩んでいる筈です

Posted by あのと at 2010年01月12日 02:11

初めての逆・援・助で7万ゲットォォォォ!!!!
http://nnstarterpp.net/sb/1chcqte/

ぶっちゃけ経験ゼロでもなんとかなるもんだなwwww
女に全部おまかせして、ほとんど寝てるだけだったぞwwwww
Posted by こんなんでいいのかよ!?w at 2010年08月17日 03:17

オレの借金120万が3ヶ月で完済しちまったよ!!
まさかこんなに稼げるとは・・・(`・ω・´;)

毎日女の子とイチャイチャHできるし、おいしすぎ♪♪♪
http://xjywcau.ray.furuban.info/
Posted by うっはぁぁぁぁぁ!! at 2010年09月01日 20:00

うははは!!ベッドに寝かされて全身ペロペロされちゃったぞ!!
タ マとア ○ ルまで舐められて、鳥肌立つぐらい気持ちよかったwwww

こんなんでお金もらえるなら、もっとナメナメしてくだちゃい!って感じだwww
http://high.nurupopo.net/gcy9gtl/
Posted by 俺って美味しいのかな?w at 2010年09月05日 10:15

やっぱ若い子とのエ ッ チって気持ちいいな!!
おまんまんの締めつけよすぎて、すぐにイっちゃいそうだったよ(笑)

ちなみにまだ初めて1ヶ月だけど、もう30万も稼いじゃいました♪\( ̄▽ ̄)
http://12rz-uk.mex.perupoi.com/
Posted by 若い子のおまんまん最高!! at 2010年09月14日 08:25

7万もらってホテルでマットプレイしてきたYO!!
ぶっちゃけ上手くないんだけど、そのぎこちなさがむしろ(・∀・)イイ!!

スマタもしてくれけど、途中から普通にち ん こ突っ込んでた件wwwww
http://SNAPKNAP.com/yes/d7z4ghl/
Posted by ローションでニュルニュル! at 2010年09月26日 11:00

おかげさまで借金200万、完済しました!
まさか女性とSEXするだけの仕事があるなんて。。。

営業の仕事を辞めて、こちらに転職して正解でした(^_^)/
http://welps.net/kon/7njtsqc/
Posted by おすすめですよ at 2010年11月03日 02:48

今まで縁なんてないと思ってた…ホントに諦めかけてたけど、
ここでとうとうチェリーさんをプレゼントできたぜ!
もう誰にも半人前なんて呼ばせねえZE!!
http://q488y11.pen.vecter7.net/
Posted by ありがとう…ありがとう!! at 2011年01月20日 09:17

ちょっとした、ドキドキがほしいな
http://6y54iw6.love.chu-g.net/
Posted by 夏だからね at 2011年08月02日 13:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/74821399
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 最近思うんだ 私は 『日本人』というよりも 『日本文化で育った人』といったほうが適切なのかもって アイデンティティは”日本”にあるのではなく ”人”にあるんじゃないかなって 顔や体型は違うけ..
Weblog: acco ZONE
Tracked: 2008-01-05 11:49
 RSSリーダーで購読する





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。