RSSリーダーで購読する

2009年11月21日

ストレスから肝硬変

  
酒飲み肝硬変

酒の飲みすぎで陥ってしまった肝硬変



もともと大酒呑みで肝臓に負担をかけていたのですが、急激に酒量が増えて ある日突然 血反吐を吐いたのにはやはりきっかけがあったように思います

それはストレスだったと思うんですよ



サラリーマンのストレス発散の手っ取り早い方法はやはり酒でしょう
でも、1日働いてご苦労さんの晩酌なら肝硬変まではならなかった筈です



ところが 肩を叩かれたんですよ
これほど強いストレスはありません

職場を去った次の日からは朝から呑んでいました




血反吐を吐いて入院してゆっくり考える時間が出来て、たとえストレスまみれになっても自分を痛めつけては何の得にもならないと思い始めました


アルコール依存症にまでなってしまっては治療が必要ですが、自分の意思で酒を止めるなりセーブできるのであれば、ストレス発散の方法を探したほうがいいですね



アルコール性の肝硬変は禁酒すれば悪化することはありません
医学の急激な進歩でアルコール性肝硬変の特効薬も発見されるかもしれませんよ




治って見せるぞ肝硬変

笑顔で暮らそう肝硬変



肝臓の栄養はアミノ酸・二日酔いを早く治すには睡眠と甘いスポーツドリンクです。
詳しくは→酒飲みの肝臓

でもねえ、365日二日酔いを続けていると数十年後は間違いなく肝硬変ですよ
でも、大丈夫、酒さえ止めればすぐに死ぬことはありません。
肝硬変になっちゃったら、禁酒と正しい食事と笑顔で生活ですね。
詳しくは→肝臓に元気を


  
酒で肝硬変になった私が書いたんだから説得力あるでしょ

ラベル:肝硬変
posted by あのと at 02:15| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 肝硬変 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 RSSリーダーで購読する





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。